瞑想、マインドフルネス、許し

どのように許すこと 許しへの4ステップ
無料電子ブックを ダウンロード

私たちが誰かに対して怒りや憤り、誰かに対して恨みを抱いているなら、平和で穏やかな心の状態に入ることは非常に困難です。経験豊富な瞑想者は、そのような感情が生じた際に、瞑想を行い、できる限りその感情に邪魔されないようにすることができます。しかし、瞑想だけでは、私たちが完全に許したり不穏な状況を手放したりするには十分ではないかもしれません。 これらの感情は、根本的な問題を解決するまで何度も戻ってきます。最終的には、状況を解決する方法として許しの方法を学ぶ必要があるかもしれません。そうすれば、私たちが持っている不快な感情がもはや生じなくなります。「許し」はあなたを自由にする。 無料電子ブックをダウンロードする。 許しへの4ステップ

尊敬されているマインドフルネスの教師が、ある瞑想の実践者に対して瞑想中に強い感情を抱いているなと感じたり、特に根本的な問題に対処する必要があることに気付いている場合に他の方法を使用させたり、セラピストに行ったりすることを奨励する理由はこのためです。

肉体的な健康には、一般的に全体的な健康にとっても良いと考えられるため、特定の病気に対し良い効果を生むものがあります。また同様のアプローチは、精神的・感情的な健康に役立ちます。いくつかの方法は、一般的な内なる幸福を生み出すのに適しています。 他の方法では、非常に具体的な方法で物事を処理できます。マインドフルネス瞑想は通常言われているように、一般的な内なる幸福に非常に効果があります。しかし、特にその感情がまた戻ってきてしまう場合、混乱させる根本原因は何なのかに集中するため、時にはより具体的な方法が必要な場合もあります。 ここで、「許しへの4つのステップ」の方法が非常に役立ちます。

許しへの4つのステップの中に「マインドフルネス」を感じることができるものがたくさんあります。許しへの4つのステップは、自身の気持ちをありのままに認識し、受け入れるのに役立ちます。また、他人も受け入れられるようにするのにも役立ちます。それだけには留まらず、我慢するべきではない状況から抜け出す方法に折り合いをつけるのにも役立ちます。おそらく、誰かの悪しき行動に我慢している、もしくは自分の行動の影響にもっと気づく必要がある人に対して、過度に寛容になりすぎているのでしょう。

マインドフルネス内で行われる多くの事柄を「許しと和解」と見なすことができます。私たちは自分自身を許すことを学び、自分自身を受け入れることを通して、自分自身と和解するようになります。同様にマインドフルネスを通して、他人の感情にとらわれることなく、彼らについての自身の感情を自覚することで、他人もそうであると受け入れることを学ぶのです。

したがって、マインドフルネス瞑想と許しへの4つのステップは、何が私たちを動機づけ、行動を形作るのかについてのより大きな認識を育てる非常に有用な方法です。それらは両方ともより良い方向への態度を変え、そこから得られる洞察から、より良い賢明な選択をするのに役立ちます。

無料電子ブックをダウンロードする

許しへの4ステップ PDF 新しいバージョン!

許しへの4ステップ

許しの力があなたを自由と、幸福と、成功へと導く。

ウィリアム・ファーガス・マーティン著

五十嵐香緖里訳

ISBN: 978-1-942574-49-1

 

 

 

許しへの4ステップ

許しへの4ステップ・ワークシート

許しによる幸福と成功

許しからの自助、自己啓発、自尊心、自信について

ヨガと許し

別居、離婚、不貞、不倫、裏切り、許し

聖書、祈り、許し

セラピー、精神医学、心理学、自尊心と許しの力

裏切り、怒り、復習、恨み、許し

ホ・オポノポノ VS 許しの4つのステップ

意識と赦し

神道と赦し

仏教と赦し

不倫と姦通を許す方法