神道と赦し

「許し」はあなたを自由にする。 無料電子ブックをダウンロードする。 許しへの4ステップ

神道は純度に非常に焦点を当てています。 儀式は神道の基本的な部分であり、清めの儀式は純度を維持するために非常に重要です。 浄化の儀式の目的は、身体的、道徳的、または精神的な「汚染」と「罪悪感」から人を浄化することです。

神道は日本で自然に生まれた宗教的な信条であるため、創始者の教えや行為によって受け継がれた教義はありません。 これにより、他の信念と比較して神道が非常に「オープン」だと考えられています。ほとんどの宗教とは異なり、神道はそれ自体を「議論の余地のない真実」とは見なしていないため、信者が一定の考え方を持っているとは期待していません。代わりに、神道の観点から、信者が世界中の他のすべての宗教から良い点を学ぶことを奨励します。

このオープンで柔軟な態度は、日本人の素晴らしいオープンマインドで寛容な態度を形作るために間違いなく効果的でした。

神道倫理は、人間と世界の両方が良いという考えを強く強調しています。 しかし、「悪霊」がひとたび入って人間に吸収されると、人間は病気にかかったときと同じように間違った行動をとり始めます。 「悪霊」は、神道で崇拝されている聖なる力である「神」の流れを妨げる汚染をもたらします。

「神」について考えるには多くの方法があります。「神」は、研究に長い年月を費やした尊敬する学者でさえ「神を理解できない」と認めるほど大きなトピックだからです。

徳永元織は「神」について次の発言をしました:「私はまだ「神」という言葉の意味を理解していません。 最も一般的な意味では、古典に登場する天と地のすべての神聖な存在を指します。 より具体的には、神は神社に住み、神殿で崇拝される霊です」

神道の開放性は、新しいアイデアにより近いものになります。 そのため、神道開業医は新しいアイデアを積極的に受け入れる傾向があります。 これがおそらく日本人が新しいアイデアにとてもオープンである理由を説明するからです。

したがって、日本人は「赦しへの4つのステップ」のような新しいアイデアに非常にオープンです。 彼らの自然な寛容さと新しい変化を受け入れる意志は、彼らがこの赦しの方法に簡単に適応することができます。

また、日本人が儀式に対して持っている愛は、「赦しへの4つのステップ」が儀式の一種であるため、非常に有意義です。 唯一の違いは、「赦しへの4つのステップ」が書面で発行されたことです。 しかし、書くことは日本人のもう一つの愛であるため、おそらくこの作品をさらに受け入れやすくするでしょう。

「赦しへの4つのステップ」は、過去の経験によって汚染されていない心の純粋さを体験する素晴らしい方法です。この作品は、過去の影響による汚染を手放すことで前進することを促進します。 「赦しへの4つのステップ」は、読者が「現在」に完全に存在することを可能にし、他人の間違いからあなた自身を解放し、過去のあなた自身の間違いの結果からあなたを解放することを可能にします。

このページのリンクのいずれかをアクセスすることで「赦しの4つのステップ」の効果を自分でご確認してみますでしょうか?

無料電子ブックをダウンロードする

許しへの4ステップ PDF 新しいバージョン!

許しへの4ステップ

許しの力があなたを自由と、幸福と、成功へと導く。

ウィリアム・ファーガス・マーティン著

五十嵐香緖里訳

ISBN: 978-1-942574-49-1

 

 

 

許しへの4ステップ

許しへの4ステップ・ワークシート

許しによる幸福と成功

許しからの自助、自己啓発、自尊心、自信について

ヨガと許し

瞑想、マインドフルネス、許し

別居、離婚、不貞、不倫、裏切り、許し

聖書、祈り、許し

セラピー、精神医学、心理学、自尊心と許しの力

裏切り、怒り、復習、恨み、許し

ホ・オポノポノ VS 許しの4つのステップ

意識と赦し

仏教と赦し

不倫と姦通を許す方法